【欧州旅行】シェア電動キックボード利用レビュー【Bird】

旅行

こんにちは天野です。

今回はヨーロッパなどで普及している、シェア電動キックボードの使い方について書いていきます。

最近日本でも「LUUP」というシェア電動キックボードのサービスが始まったので、注目が集まっているのではないでしょうか?

まずそもそも、シェア電動キックボードとはなんぞやという話なんですが、文字通り電力で動くキックボードです。

これがヨーロッパの特にパリでは街中で走っていて、かつそこらへんに大量に停まってるわけですよ。シェアなので乗り捨て自由で、使い終わったらまた別の人が使うといった感じです。

楽しそうなので使ってみたいと思い調べたところ、

どうやら日本人でもアプリを使うことで、停車してある電動キックボードを使うことが出来るみたいなので、実際の使い方などを以下の流れに沿って書いていきます。

  1. アプリインストール
  2. 乗車
  3. 操作方法
  4. 下車

①アプリインストール

まず、私が使ったシェア電動キックボードアプリは「Bird」です。

f:id:SF5AMANO:20200229071233j:image

黒と白の車体が特徴ですね。

アンドロイドのアプリリンク↓

Bird - Apps on Google Play
Get access to shared e-scooters and personal electric vehicles worldwide.

他には緑の車体のLimeや、赤い車体のJump(Uber運営)などがあったりします。

なぜ自分がbirdを選んだかというと、アプリが日本語対応していることと、SMSでの認証が要らず、グーグルアカウントでログインできるからです。

※Birdアプリが何故日本語対応しているかというと、福岡で2019年に実証実験が行われるなど、日本参入の可能性があるからかと思われます。

アプリをインストールしたら、グーグルアカウントなどでログインします。

ちなみに初回利用の際にプロモーションコードを入力することで5€まで無料で使えます。

2人などで利用する場合はお互いにプロモーションコードを贈りあった方が多分良いですが、奇数だったりぼっちだったりする人は、

これ↓が私のプロモーションコードなので

「RTYTA3」

「」内をコピーしてプロモーションの画面に貼ってみてください。

ちなみに値段ですが、キックボードの乗車に1€、以後1分ごとに0.2€かかるようです。

②乗車

f:id:SF5AMANO:20200229072319j:image

そうしたら次はアプリでキックボードを探します。

画面の翼のマークがキックボードの場所です。GPSが埋め込まれており、どこにあるのか一目瞭然です。Pは駐車場のマークで、停車するときはそこに停めましょう。

使うキックボードを決めたら、そのアイコンをタップすると、そのキックボードの残り電力が見れたり、予約出来たりします。

f:id:SF5AMANO:20200229072611j:image

予約した後でどこにあるか分からない場合は、キックボードから音を鳴らしてもらうこともできます。

また、アプリから予約しなくても、実際にそこらへんに停車してあるキックボードを利用することも出来ます。

f:id:SF5AMANO:20200229072941j:image

どちらの場合でも、使うキックボードに接近したら、アプリの乗車ボタンからQRコードを読み取って利用開始です。

注意事項なども出ると思うので、確認しておきましょう。

③操作方法

操作方法は、左の取手がブレーキ、右のスロットルを押すとアクセルです。

パリ市内では自転車レーンがしっかりと区分けされているので、そこで走りましょう。もちろん日本と違い、右側通行です。

個人的な使用感としては、結構速度が出るなと言った感じでした。フルスロットルだとスピードが少し怖く感じるほどです。(慣れもあるでしょうが)

また、バランスはジャイロセンサーで勝手にとってくれるのでふらつく心配はほとんどありません。

パリの美しい街並みを見ながらの運転はすこぶる快適です。

f:id:SF5AMANO:20200229074403j:image
f:id:SF5AMANO:20200229074948j:image

※画像は上からオペラ・ガルニエ、コンコルド広場から見た凱旋門です。

④下車

下車はアプリから行います。

目的地付近で駐輪スペースを見つけたらそこに停車し、アプリを開いてロックをかけましょう。

ちなみにその後用事が済んだらまたすぐ使いたい時は、ロックをかけたままキープすることも出来るようです。

ちゃんと駐輪エリアに停車したかの確認写真?をアプリで撮らされて終了です。

f:id:SF5AMANO:20200229074838j:image

素晴らしい体験が出来ました。

歩くのは疲れるけれど、地下鉄に乗ってしまうと街並みを楽しめない。

そんな悩みを解消してくれる電動キックボード、観光目的での利用はかなりアリだと思います。

みなさんもよかったら使ってみてくださいね。ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました